So-net無料ブログ作成
ただいま赴任中 ブログトップ
前の10件 | -

大殺界のマグロ [ただいま赴任中]

今年は大殺界の「停滞」。3年続く大殺界の真ん中の年です。

来年は「減退」で、「これこそが大殺界」と呼ぶ人もいるという最悪の年です。大殺界では「じっとしている」ことが重要らしく、結婚とか、転職とか、人生の転機になるようなことは避けるべき、とのこと。彼の長友選手も大殺界の明ける来年1月に平愛梨さんと結婚するのだとか・・。3年目だからいいけど、大殺界1年目(陰影)でも結婚我慢したのかな・・・。

自分の場合、昨年大殺界1年目にインドネシアに赴任してしまって、苦労したようなしないような・・。今年もちょっと頑張りすぎで、苦労してるようなしてないような・・。

ただ、来年1年は「じっとしていよう」と思っています。物理的に動かないということではないですが・・。

今年も気づけば残り1か月ですが、振り返れば1月から フィリピン、ブータン、イラク、東チモール、フィリピン、パキスタン、スリランカ、そして12月に再びパキスタン、フィリピン・・・。その間に出張と一時帰国で日本へ3回。結構動いてます。さすが「ただいま出張中」・・。

来年はじっとしていようとしても、ラオス、東チモール、パレスチナ、と2月までの予定は決まっています。

マグロみたいなもので、じっとしてると酸欠で死ぬかもしれませんな・・・。


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

何もしなくていい時間 [ただいま赴任中]

会社から「年度目標の中間レビュー」指示が来ました。
要するに、年度初めに立てた自己目標に対する中間自己評価です。

そうか、もう10月、今年も残すところあと2ヶ月か・・・。

仕事の評価はよしとして、今年の自分自身の目標(そもそも立ててないけど)と達成度はどうなんでしょう?
なにかしたかなぁ・・・??

いつも変わらぬ日常です。
5時45分に起き、前日に作っておいたお弁当のおかずを小判型弁当箱に詰めて写真を撮り、7時半に家を出て出勤途中の渋滞ではポケモンを追いかけ、8時から19時まで仕事して帰宅して、翌日のお弁当のおかずを作ってテレビを観て、23時半に就寝・・・。


ところが今朝はiPhoneを自宅に忘れてしまって,通勤途中はポケモンもメールのチェックもできませんでした。
そうなってみると、車内で「何もすることがない・・・・」。
けれども、そもそも通勤途中の車内で何かをする必要があるのでしょうか? 寝ててもいいはず・・。

そう考えると、「いかに自分の『変わらぬ日常』が『ムダと自己束縛に満ちた日常』か?」、「自分はこの日常の中で様々な機会を失っているのではないか?」、と思えます。
「お弁当作りを止めて,テレビを観ることを止めたら随分と時間ができる。その時間に本を読んだり,勉強をしたりすれば、自分の生活はもっと豊かになるのではないだろうか・・」、と。

そう思いつつ、家に帰ると灯りをつけ、テレビのスイッチを入れ、ソファに埋まってしまいます・・。
そしておもむろに台所に立ち,ほうれん草を茹で始める・・・・・。

仕事をしなければならない、お弁当を作らなければならない、ジムに行かなければならない、寝なければならない・・・。

やはり「何もしなくていい時間」は必要ですね・・。

ま、今日は久々にブログを更新したので「非日常」、これで良しとしましょう・・。

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

マイベスト5 [ただいま赴任中]

スピッツが新曲をリリースするそうですね。

テレビ番組で、「あなたの好きなスピッツ思い出の曲」ってアンケートをとっていました。

1位:チェリー、2位:空も飛べるはず、3位:ロビンソン、4位:楓、5位:魔法のコトバ、だそうです・・。

で、自分的には・・・?

1位:聞かせてよ、2位:あじさい通り、3位: ガーベラ、4位:スカーレット、5位:夕焼け、 です・・。

ジムで走るときには、エスカルゴとかババロアとかミカンズのテーマ、とか聴いてると、どこまでも走り続けられそうな気になります・・。

ということで、良い週末を! 

p160415b.jpg


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

夢見る力 [ただいま赴任中]

今朝(たぶん)、久々に「強烈な夢」を見ました。

炊飯器の奏でる「きらきら星」 で目が覚めたとき、全身がうっすらと汗ばんでいました。

デトロイトの上空から、男二人に促され、パラシュートなしでスカイダイビングして、広大な庭園の湿地に降り立ったところ、女性数名が泥の中を迎えに来て私の手を引き、「私はフランス人よ」と言う。それに応えて私が「あなたの名前は?」とフランス語で尋ねる・・・。

これは、目覚める前のほんの「ひとくだり」ですが、 そのほかにも「いつも夢に出てくる多彩な場面と人物」が登場しました。「デトロイトの上空から・・・」のくだりは、おそらく先日のイラク出張の際機内で観た映画「Gravity」の終わりの場面に影響されたものと思われます。飛び降りる前に「デトロイト上空」であることを教えてくれたのは、バグダッドの警備会社の兵隊のイメージでした。その他数々の「名『夢』場面」に再び「登場」したため、夢から覚めた時に「自分が目覚めたこの世界こそマトリックスの中なのでは?」と思うような、そんな感じでした。

「若者がいくらでも寝られるのは体力があるから。年寄りが朝早く目が覚めるのは体力がないから・・。」、と言われますが、夢を見るのも力(エネルギー)が必要なんだろうと思います。 そういった意味では、ジム通いの成果が出ているのかもしれません。ただ、これくらいのトシになってから今朝のような強烈な夢を見ると、「良くないことが起こるのでは?」と、少し恐ろしくなったりもします。

でも、フランス人、かわいかったな・・。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

You raise me up [ただいま赴任中]

年度が替わりましたね。

昨年度はインドネシアに赴任(5月)以降、ストレスフルな年度となりました。特に年が明けてからは公私ともに全く余裕がありませんでした。そのピークは1月末にあり、2月初め、3月終わりの二つのヤマ場を乗り越え、ようやく年度が終わりました。仕事で訪れた国はインドネシアのほか、東チモール、スリランカ、フィリピン、カンボジア、ブータン、セネガル、イラクの7か国です。

仕事のほかに掲げた私的年度目標(ある試験)は、10月の筆記、2月の面接を経て3月末に合格し、仕事での傷(?)を癒すには格好のクスリになりました。 

昨日、会社で出張報告を仕上げたとき、「強迫観念にとらわれずのびのびと仕事ができる解放感」をしみじみと感じました。そして、 帰宅して点けたテレビから流れる「You raise me up」を耳にしたとき、突き上げるような感動がこみ上げてきました。いてもたってもいられずYou Tubeで探して見つけ出したのは、「Martin Hurkens」という、私より5才ほど年上のオランダ人が歌うPVでした。歌声もさることながら、聴衆の表情が変わっていく様子に、またその表情からあふれ出る暖かさに、「音楽の力」を感じました。(https://youtu.be/4RojlDwD07I) 

何度も何度も聞き返しているうちに、以前この曲をリコーダーで演奏したことを思い出しました。一昨年7月24日のことです。個人レッスンを受けていた先生の生徒50数名が集まっての「大演奏会」でした。その時の楽譜をDropBoxから引き出し印刷しました。いまその楽譜が手元にあります。うまくは吹けないでしょうが、少しでもうまく吹けるように、きれいな音が出るように、練習したいと思います。Martin Hurkensのようにあの高い旋律を歌うことはできませんが、リコーダーできれいな音が出せるように。 

話の次元は少し飛びますが、私の会社の机の上には、「日めくり、毎日修造」が置いてあります(笑)。 これはなかなかいいです。「今日から君は噴水だ!」、とか、「雪だるまになれ!」、とか、一見訳の分からないような一言一言が書いてありますが、解説(?)を読んでみると、とても素晴らしいのです。  

心をすり減らしているとき、すり減っている時には気づきませんが、ふと我に返って立ち止まり力を抜いたとき、音楽も、言葉も、そのぽっかり空いたすき間や傷に勝手に入り込み、人は「癒されていること」を実感します。

ずーっと近くに、手の届くところにあったはずなのに感じられなかったもの、それをいま感じ取ることができて、「よかったなぁ」と思っています。

 


nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

北海道弁の話~おはようございました? [ただいま赴任中]

「北海道弁」って、「はんかくさい」とか、「あずましくない」とか、明らかにそうだとわかるものもありますが、標準語にもあって用法が違う言葉、イントネーションが違う言葉は無意識のうちに出てしまうので厄介です。

前者でいうと・・、

ごみを「投げる」(捨てる) 、手袋を「はく」(する)、 など・・。

後者は書いてもわかりませんが・・・、

「椅子」、「コーヒー」、など・・。(北海道の人に発音してもらってください。すぐにわかります)

あと、北海道では今現在のことを話す場合でも過去形を多用します。

たとえば電話をしたときに相手が出ると、「あ、〇〇でした」、と名乗ります。(「で、今は?」とか聞き返さないでください)

夜の挨拶は「おばんでした」、朝の挨拶は「おはようございました」、です。 

会社でメールを書くときにいまだに迷うのは・・・、

「早速返信いただきましてありがとうございました。」なのか、「・・・ありがとうございます」なのか・・・。 

その場ではわからないので、いつも書き終わった後に読み返して直しています。

紛らわしくて、意識に奥深く潜む北海道弁はすこし厄介なのです。 

 


nice!(18)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

充実した週末 [ただいま赴任中]

誰にも邪魔されることなく、やりたいことを好きなだけできる。

ほかにすべきことを考えず、やりたいことを続けるために休憩し、気分転換をし、あとは集中力が途切れるまで延々としたいことを続ける。 

今日はそんな1日だった。

少し早起きして朝食を用意し、コーヒーを入れて机に向かった。

昼食は抜き、午後2時過ぎに5階のジムに行き、だーれもいない中、黙々とウェイトトレーニングをして、鏡に映った自分と向き合いながら、あるいは自分自身に話しかけながら、1時間半の有酸素運動・・。

部屋に戻ってシャワーを浴び、体重計に載ると意外にも目標体重をかなり下回っていて満足、でもこれは「オマケ」だ。 

再びコーヒーを淹れ、机に向かう。

ふと我に戻って気が付くと窓の外は暗闇。あー、もう7時だ・・。

昼食を食べていないのになぜか空腹感はない。

さぁ、充実した週末の最後はどうしようか? 部屋でワインを飲もうか、下のフレンチにでも行こうか・・。 

気分のいい週末だ・・・。 

さあ、明日はどうする? 

ジムには行こう。リコーダーも吹こうか・・。久々だけど、できそうな気がする。

いや、まずは私にこうした週末を与えてくれたものに感謝しよう。

 


nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

やっぱり中華街が好き [ただいま赴任中]

今日は「仏教祭」で祭日です。
どこの国も同じかもしれませんが、ここインドネシアでも、イスラム教、キリスト教、仏教、それぞれ祭日があります。
日本のように宗教観が欠如(?)しているというわけではなく、インドネシアが掲げる「多様性の中の調和」を示すものと考えた方がよいでしょう。


さて、一昨日はジャカルタ北部の「グロドック地区」(いわゆる中華街)に行ってきました。
その昔(20年ほど前)、週末になると仕事仲間と遊びにいったエリアです。
屋台団地(今風にいえばフードコート)で昼食をとりビールを飲み、酔い覚ましにマッサージに行って、そのあとアンチョールのホテル・ホライズンのボーリング場に行き、公園で夕涼みのあとブロックMに戻って夕食、そしてカラオケ・・。
よく遊んだものです。


一昨日はその屋台団地をまず訪ねました。
いまでは地球の歩き方にも出ている有名店です。

p150601ea.jpg

まだ昼前でお腹もすいていなかったので、ここでは食べることなく近くを散策しました。
小路に連なる店また店・・。

p150601ha.jpg

とてもディープなエリアです。でも、地元の人にとってはごく普通の「生活の場」です。

また、グロドックは「電気街」としても有名で、「ビルひとつ電気屋集合体」みたいなところがたくさんあります。

p150601hb.jpg

すごいですね〜。
違法コピーのゲームソフトや映画のDVDとか、中古品の方が圧倒的に多いようです。
見てて飽きないですが、欲しいものはひとつとしてありませんでした・・・。


屋台団地の次に探したのは、生ハムを売っている「TOKO KAWI」です。
ここ、私は行ったことはありませんが、結構有名なお店です。
とてもわかりにくいところにありますが、「嗅覚」で探し当てました。

p150601a.jpg

Jalan Panchoranを左に見ながらJalan Pintu Besar Selatanを北上し、100mくらい(?)行った左の小路を入ると三叉路があり、その交差点左側に面しています。

Webサイトで評判ですが、このお店の方、大の日本びいきです。
日本に住んでいたこともあるとのことで、日本語も少し話されます。

「ハムはそのまま食べられますか?」、と変な質問をしたところ、
「そうぞ、試食してください」、とスライサーででっかい一枚を切り出し食べさせてくれました。
塩は少し強めでしたが、実に旨い。プロシェット・メロンにしたら最高です。

「もう一枚どうぞ」とまたまた大きな一切れをいただき、さらにはご主人が、
「少し塩が利いているから喉が渇くでしょう」、と、500ミリリットルのお茶まで出してくれました。
この日は生ハムを購入するつもりはなかったのでお茶の代金を何度も払おうとしても受け取ってくれませんでした。
「私は日本人が好きだ。中国人より好きだ」、とオヤジさん。
以前、日本にいたときに、日本人にずいぶん世話になったというようなことを話されてました。

ちなみに、メニューはこちら・・。

p150601b.jpg

安くはないかもしれませんが、代えがたいクオリティです。家が決まったら早速買いに行きたいと思います。なにかお土産を持って・・。


お店を出たあと、とことことことこ歩いて行ったのは「Jalan Mannga Besar」の「369」。
こちらも有名店です。

p150601fa.jpg

随分歩いて喉も渇いたので、ビールと野菜、小籠包を注文。

p150601c.jpg

小籠包、「がぶっ」といったら、なかの肉汁が「ぷしゅー」っと飛び散りました。

う、旨い!

二個目からは食べ方も少し工夫・・。

p150601ga.jpg

端をちょっと噛みきり、スープが飛び散らないように食べました・・。

おいしかったなぁ・・・。


エアコン付きのトランスジャカルタ1本(往復70円)で行けるので、結構クセになりそうです。
20年経ってひとりで行っても、やっぱり中華街が好きです。


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

インドネシアに来たことを実感するもの [ただいま赴任中]

昨日、トランス・ジャカルタに乗って出かけました。
トランスジャカルタは、専用レーンを持つ2連バスで、「大渋滞のジャカルタ市内をスムーズに移動できる格好の手段」ということになっています。バス停(?)はさながら駅のようで、改札もあります。多くの場合、専用レーンは車中央分離帯寄りにあります。

p150531a.jpg


料金は3500ルピア(約30円)で、乗り換えてもどこまでも、駅を入って出るまでは均一料金です。バスはエアコンが効いて快適。しかも驚くことに・・・、

p150531b.jpg

「Ruangan khusus wanita」、つまり女性専用席があります。

また、もう一つ驚くこと・・。それは「すし詰めなし」ということです。
実際、上の写真以上に乗客が乗ることはありません。
この程度乗ったら、「積み残し」があってもバスは扉を閉めて出発してしまいます。
時刻表はなく、とにかくバスは次から次へと走っています。バス停はすべて止まるのでブザーを鳴らす必要もありません。
ただし、停車時間は短いので要注意です。障害物があって開いた扉から降りられない場合もある([exclamation])ので注意が必要です。

駅にはきちんとゴミ箱も完備です・・。

p150531c.jpg

奥からイルカ、カエル、パンダ・・。パンダはアゴが外れてるかも・・。


インドネシアに来て10日が過ぎ、胃腸も慣れてきましたので、「真骨頂」の屋台メシもトライしました。
「Mie Ayam」(鶏肉入りラーメン)です。

p150531d.jpg

屋台自体は日本とさして変わりません(?)

p150531e.jpg

少なく見えますが、日本の袋ラーメンの1,5倍くらいの量があります。上に載っかっているのは餃子の皮を揚げたものですね。野菜も入ってます・・。これで10000ルピア、100円しません。

かつて、「中毒になったんじゃないかな?」と思うほど食べ続けたインドネシアラーメン。

「インドネシアに来たんだな!」と実感するひとときでした・。

続きを読む


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

オタクは国境を越えて [ただいま赴任中]

昨日いくつか物件を見ましたが、「帯に短したすきに長し」。
少し時間をかけてじっくり家探しをすることにしました。

ところで、仮住まいの今のホテル、会社にも近くてなかなか便利な立地にあります。
食事はすぐそばのショッピングモールに出かけ、フードコートなどで済ませています。
だいたい一品40,000〜50,000ルピア(400円程度)です。
屋台に比べればかなり高いですね、3倍くらいでしょうか?
また、基本的に「アルコールはなし」なのですでに2日間「休肝日」です。

そのショッピングモールの4階に「JKT48劇場」があります。

Unknown.jpg

開演時間になるとオタクが集まってきます。見た目はインドネシア人ですが、醸し出す雰囲気は同じ・・。

オタクに国境、宗教の壁なし! バンザイ!

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - ただいま赴任中 ブログトップ