So-net無料ブログ作成
検索選択

夢見る力 [ただいま赴任中]

今朝(たぶん)、久々に「強烈な夢」を見ました。

炊飯器の奏でる「きらきら星」 で目が覚めたとき、全身がうっすらと汗ばんでいました。

デトロイトの上空から、男二人に促され、パラシュートなしでスカイダイビングして、広大な庭園の湿地に降り立ったところ、女性数名が泥の中を迎えに来て私の手を引き、「私はフランス人よ」と言う。それに応えて私が「あなたの名前は?」とフランス語で尋ねる・・・。

これは、目覚める前のほんの「ひとくだり」ですが、 そのほかにも「いつも夢に出てくる多彩な場面と人物」が登場しました。「デトロイトの上空から・・・」のくだりは、おそらく先日のイラク出張の際機内で観た映画「Gravity」の終わりの場面に影響されたものと思われます。飛び降りる前に「デトロイト上空」であることを教えてくれたのは、バグダッドの警備会社の兵隊のイメージでした。その他数々の「名『夢』場面」に再び「登場」したため、夢から覚めた時に「自分が目覚めたこの世界こそマトリックスの中なのでは?」と思うような、そんな感じでした。

「若者がいくらでも寝られるのは体力があるから。年寄りが朝早く目が覚めるのは体力がないから・・。」、と言われますが、夢を見るのも力(エネルギー)が必要なんだろうと思います。 そういった意味では、ジム通いの成果が出ているのかもしれません。ただ、これくらいのトシになってから今朝のような強烈な夢を見ると、「良くないことが起こるのでは?」と、少し恐ろしくなったりもします。

でも、フランス人、かわいかったな・・。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。